• ホーム
  • 性の乱れ!日本の現状を知る!

性の乱れ!日本の現状を知る!

性の乱れが以前から問題視されています。
特に日本では若年層の性の乱れによるトラブルが頻発しています。
日本の性に対する意識はどうなっているのか、事件や出来事を通して日本の性の乱れについての現状を紐解きます。

東京の繁華街で、サークルに所属していた学生が泥酔して集団で倒れていたという事件を覚えている方も多いでしょう。
サークルメンバー内には女性もいて、意識がはっきりしていない状態で繁華街に寝そべっていたためインターネットでも話題が集まりました。
サークル活動で未成年を含む学生による性の乱れは事件につながることも少なくありません。
中には、女子学生に性的な接触をするために、男子学生が組んでわざと酒を飲ませて泥酔させて乱暴する悪質なケースもあります。

現状、日本で起きている性の乱れで解決策が必要とされているのは、いわゆる援助交際を始めとする、未成年が性的な行為により身体を売る問題です。
経済格差が起こっている今の時代は貧困世帯も増加傾向にあり、未成年が性的な行為と引き換えに金銭を得ようとすることが後を絶ちません。
贅沢のために身体をお金に替えるタイプは減少しており、生活費や学生生活を充実させるためにしているというタイプが増えています。
海外と比較して、若年層の女性に性的な興味を感じる男性が多いことも原因だと言われることもあります。

時代が移り変わり、貞操観念が希薄になっています。
それは、悪い面ばかりがあるわけではなく他人を干渉したり、縛りつけたりしない自由な価値観を持つことができるようになったという一面もあります。
ただ、未成年の場合は経験値の高い相手に搾取されてしまいやすいため自分を守ることの必要性を教えることが必須となるでしょう。

今後は、貞操観念やこうあるべきという正しさの押しつけではなく、自分を守ることで得ることができるメリットを伝えることが重要です。
また、性の乱れによる危険について考える場が必要になります。
何事も利益で考えてしまいやすい時代に合った解決策が求められています。

どう解決してくべきか?

今、性の乱れについて考えていかなければ日本の未来が危うくなってしまいます。
学生の貧困も原因ですが、性の乱れについて一人一人の意識を高めていかなければなりません。

学生のサークル活動も、しっかりと大学側で管理していかなければならない状況になってしまいます。
お金の為に何をしても良いという考えを持ってしまうと、人との付き合いも全てお金に換算してしまうので心の底から信じるという事がなくなってしまうのです。

海外と比較してもわかるように、日本の男性は性に対して周囲に相談できない環境にあるというのも問題です。
学校現場で、もっと性について学ぶ必要性があります。
解決策を自分で見つける事が難しい今の学生の現状をしっかりと受け止めて、まずは自分の身を守るという教えを10代から感じ取れるようにする環境が大事です。

今後の日本を支えていくのは今の学生や子供達です。
性の乱れを真剣に考えていかなければ、心の傷を負ってしまう女子学生の数は増え続けてしまう事でしょう。
自分の意見を伝えられない学生が多いのも問題です。
周囲の雰囲気に合わせてしまい、間違った事を注意できないのです。
こうした時代を作ってしまったのは、貧困世帯の増加や親が共働きで家にいないという環境です。
子供の小さな変化を見逃してしまい、相談できる相手が側にいない中で育ってきた今の学生たちなのです。

貞操観念が希薄になってしまっている時代に、大人や社会がどうやってかかわっていくかが大きなカギとなっています。
育った環境が違えば価値観も人それぞれです。
人との付き合いを、利益で考えずに真正面から向き合って行動していくことで何が大切かを自分で感じ取れるようになるでしょう。
自分の身を守るのは自分自身なのです。