• ホーム
  • 早漏の治療には、有名なプリリジー

早漏の治療には、有名なプリリジー

プリリジーは内服タイプの早漏治療薬で、世界中で人気があります。
身体的な問題が原因である早漏はどのような年齢の人にも起こり、射精障害は性行為の前や開始直後などによく起こります。
精神的なストレスは早漏を悪化させる原因の一つで、器質的な問題から早漏を起こすこともあるでしょう。
早漏で悩む男性には射精を調整するホルモンであるセロトニンが十分な状態ではないことが原因と言われています。

プリリジーに含まれているダポキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害薬、いわゆるSSRIの一種です。
セロトニンが神経細胞などに再吸収されることから量が低下することを抑える作用があります。
プリリジーの主成分ダポキセチンはセロトニンの分泌を促進するので、内服することで射精までの時間を長く延長することが可能です。
性行為におけるタイミングの不一致をアレンジすることができたり、パートナーとの満足度や関係を向上することができるでしょう。
プリリジーは早漏治療の第一選択薬となっていて、使用方法については、食事の影響をほとんど受けないので食前や食後などタイミングを気にせずに好きな時間に服用することが可能です。
服用後1時間ぐらいで効果が現れはじめ、3時間~5時間は持続することができます。
性行為の1時間前に服用すると効率的に利用することが可能です。

プリリジーは1日60mgまで服用することができ、30mgなら2錠服用し、60mgなら1錠服用することができます。
ポゼットは早漏防止の治療薬で、有名なプリリジーと同じ成分であるダポキセチンが配合されているジェネリック医薬品です。
服用すると射精までの時間が約3倍~5倍ほど長くなると言われています。
ポゼットは性行為の1時間に服用し、再度服用するためには24時間以上の間隔をあける必要があります。
服用した後、射精までの持続時間は3割以上延長したと言われています。
いくつか副作用があるので服用する前に確認しておくと良いでしょう。

スーパーPフォース!

スーパーPフォースは、ED治療薬と早漏防止薬の成分が両方配合されたジェネリック医薬品となっています。
多くのED治療薬に含まれている成分「シルデナフィル」と、早漏治療の第一選択薬として有名なプリリジーやポゼットと同様の成分「ダポキセチン」が配合されているため、その効果は確かなものです。
EDになった人はその3割が早漏も併発するといわれており、スーパーPフォースはそういった方に適した治療薬といえます。

効果は服用後、「約30分」ほどで現れはじめ、「5時間」ほど持続します。
そのため使用方法としては性行為の1時間ほど前に服用するのがよいでしょう。
効果時間内であれば、射精までの時間を2~3倍にまで延長する作用があり、その効果はプリリジーと同等のものとなっています。

スーパーPフォースには副作用があるため注意が必要です。
その有効成分シルデナフィルには血管拡張作用があり、それが男性器に作用することで勃起不全を解消する効果がありますが、この血管拡張作用は男性器以外にも作用するため、副作用が現れることがあります。
「頭痛、めまい、顔の火照り、胃もたれ」などの症状があらわれますが、どれも軽度なものが多く、また薬の効果が切れれば自然とおさまるものであり、過度に気にする必要はありません。
また有効成分「ダポキセチン」にも副作用があります。
ダポキセチンはSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)として用いられる成分で、早漏の原因となっている神経の過剰興奮を抑える作用があります。
その副作用は「眠気、吐き気、身体のだるさ」などが現れることがあります。
またアルコールとの相性が良くないため、同時の服用は避けるようにしてください。